活動内容
1日の活動の流れ

本園の活動のながれは以下の2パターンに分けられます。
子どもたちの体調など状態を見ながら保育をしておりますので、 多少の変更はあります。

 

モデルプランA(月 水 金)

8:00

 

登 園

フリープレイ(2h)

 

10:00

おはじまり

10:30

 

クラス活動

 

12:00

 

 

13:30
14:00

ランチタイム

フリープレイ

おかえりの会
降 園

モデルプランB(火 木)

8:00

 

 

登 園

フリープレイ(3h)



11:00

クラス活動

 

12:00

 

 

13:30
14:00

ランチタイム

フリープレイ

おかえりの会
降 園

 

フリープレイ(Free Play)

思いっきり遊んで『こころとからだとあたま』をバランスよく鍛えていきます!

 思いっきり遊んで『こころとからだとあたま』をバランスよく鍛えていきます!

朝、登園した子どもたちから園指定のジャージにお着替えしてフリープレイを楽しみます。
フリープレイとは、 開放的な空間で のびのびと 自らあそびを選択し 自分なりの楽しみを見つけて活動することです。
 まずは自由にあそぶこと。フリープレイでは、子どもたちの興味分野別にコーナーを設置しています。子ども達はその日の体調や気分に合わせて自由にあそびを選択することができます。
 大きく分けて屋内と屋外の場所になりますが、体育館やグランド(外)などでの運動や、屋内でのごっこあそびや組み立てあそびなど、『静』と『動』のあそび場が共存しています。ゆっくりと物を見たり観察したり考えたりすることによって思考回路の発達をバランスよく促進し、屋外では自然の不思議を五感を通して感じながら感性を豊かにし、からだを思いっきり動かしてのびのびとあそぶ事によって身体の運動機能を高めます
 また、異年齢間の自由なあそびを通して、年少児などは年長児の姿の中に幼稚園生活のリズムを身に付けたり、あそびの方法や楽しさ、ルールなどに気付きながら交流を持ち、社会性を身につけていきます。
このようにフリープレイのなかで子どもたちは自己開放し、バランスのとれた心身を育みます。
 また、フリープレイの活動の後は「クリーナップタイム(Clean Up Time)」として、子ども達全員にあとかたづけを徹底させています。これは、ものを大切にする気持ちを養うとともに、次回の活動を行いやすくするための「準備」としても重要な活動であると考えています。

フリープレイでの各種コーナー

廃材を利用した作品作り

 フリープレイにおけるコーナーあそびでは、こどもたち、一人ひとりの健やかな発達につながる、個性豊かな環境作りに力を入れています。

 廃材を利用した作品作り、パソコン、お絵かきや読書、体育館ではサッカー(ボールあそび)、ビートルカー、一輪車あそび、なわとびなど、こどもたちが自ら積極的にあそびに参加できるように、また自分なりの楽しみ方が発見できるように、興味分野別のコーナーを作っています。各コーナーは近くに設け、周りの友達が何をしているのか確認する事ができるようにしています。

興味分野別のコーナーを作っています

お友達がしていることを見たり、聞いたりする間接的な経験もとても大事なことで、同じ空間であそぶことにおける安心感を得ると共に、あそびが互いに刺激され新しいあそびや友達を発見したり、多面的にあそびを捉える事で一つのあそびがさらに充実していくことにつながります。サッカーや『虫キング』などの日常的なあそびの中にも、自然に世界の国旗に目を向けるようなインターナショナルな子どもたちを目指した環境づくりをしています。

サッカーや『虫キング』などの日常的なあそび

 保育者は各コーナーに付き援助しながら、子ども一人ひとりの発達段階を様々な視点から見極め、クラス、学年問わず互いに報告し合いながら園一体で子どもの個性を伸ばしていきます(Team Teaching制)。  また、あら町通りに面した米幼テーマ館『YYステーション』では欧米の厳しい安全基準をクリアした質の高い遊具と教具をそろえています。テーブルトイズ(パズルやブロックなど)を中心に、あそびの中で考える力をじっくりと高めます。

異年齢でみんな仲良く遊びます!

異年齢でみんな仲良く遊びます!

 本園では、同じバスの年長児と年少児のペアを作り、お世話をする係り(お世話係)を決めています。年長児は毎日、担当の年少児の下駄箱、お着替え、おたより帳の確認などのお世話をするのです。私達保育者はその援助にまわります。

同じバスの年長児と年少児のペアを作り、お世話をする係り(お世話係)を決めています。

 この関わりをきっかけに年長児は大きく成長します。小さい子に対する思いやりの気持ちや責任感、そして自分が必要とされていることに喜びと満足感を持ちます。また年少児は、担当の年長児に絶大なる信頼感と安心感を持ち、園生活にも早く馴染んでいくようです。そして、お兄さんやお姉さんに親切にお世話してもらった事を忘れず、また自分がお兄さんやお姉さんになったときに同じように優しい気持ちで接してあげる事ができるようになります。

兄弟が少ない時代だからこそ子ども同士の触れ合いを大切にしていきたいものです。

決まったペアだけでなく、どんな子でも困っている子を見つけたらお世話をしようという意識が高まり、幼稚園外でも小さい子に優しく親切に接している子どもたちの話しをよく聞きます。  

 兄弟が少ない時代だからこそ子ども同士の触れ合いを大切にしていきたいものです。

おはじまり

 朝10:00から20?30分間くらい、体育館に全園児が集まって活動します。みんなで顔を合わせて元気に挨拶し、季節の歌をうたったり、体操(ダンス)をしたりしながら楽しく過ごします。発声練習ではおなかの底から声を出し、口を大きく開き、からだ全体でリズムをとりながら歌うことで、自己開放(発散)します。ののさまの歌などは荘厳な雰囲気もあり、深呼吸しながら気持ちを落ち着かせ、心の安定をはかります。ほどよい緊張感が集中力や注意力を高め、事故や怪我も少なくします。一日のメリハリがついてその後の活動にも集中してスムーズに取り組む事が出来るようです。

  異年齢での集まりになりますので、年少児は年長児の姿を見ながら、あこがれや尊敬の念を抱き、「こんなふうになりたい」という期待感を持つようです。全職員で全園児の体調を確認する貴重な時間でもあります。

 「米沢幼稚園の子どもたちはしなやかで、おだやかだね。」 「園の玄関に一歩入ると雰囲気がとても明るくて気持ちいいし、なにより子どもたちがはつらつとしていていいね!」

 ご来園されたお客様方に何よりのお褒めの言葉をいただいています。 これは、挨拶の徹底にあると思います。先生に、お友達に、ののさまに、そして園に来られたお客様にもご挨拶します。どんな気分の時でもどんな場合でも挨拶は日常生活の基本であり、人との関わり(社会性)の第一歩として最も重要です。お互いに挨拶を交わすことは、一日の活動の始まりと終りのメリハリをつけるとともに、何事も気持ちのいいスタートをきることができます。また、私たち保育者は朝一番の挨拶で子どもたちの健康チェックを行います。その日の子どもの状態を把握する上で欠かせないやりとりでもあります。

クラスでの活動(同年齢)

クラスでの活動(同年齢)

 フリープレイとは異なり、同年齢の子どもたちだけの活動になります。発達段階に応じた活動を本園カリキュラムに沿って、また、子どもたちの状態(興味、関心事)に応じて、工夫しながら課題活動を行います。
 課題活動とは、同じ目的、方向性で友達と一緒に活動することで、共に考え、教え合い、感動を共有するなど、同じ経験を持つ事が重要であると考えています。友達と場所や物をシェアしたり体験を共有したりすることで、『話したくなる気持ち』を育て、生きた言葉がコミュニケーション能力を高め社会性の発達を促すのです。
 またクラスでの課題活動は、全ての子どもたちに平等な学習の場を提供し、フリープレイでの個々のあそびにも広がりや深まりを持たせます。例えば新しいあそび道具が導入されたときなど、どんなに興味のある遊具や道具であっても、引っ込み思案の子どもは新しいものを避けてしまい、偏りのある活動内容になりがちです。知らない事を知る喜び『やってみるとこんなに楽しいんだ!』、できたという達成感『自分にもできるんだ!』を知り、自分から周りの環境に積極的に働きかけて何でも楽しめる知恵のある子になってほしいと願っています。
平成14年度からパソコンを導入し年長児のクラスでの保育時間に組み入れています。

園外保育

園外保育

 幼児は、見るもの、聞くもの、触るものほとんど全てのものが初めて経験する事ばかりです。興味を持って積極的に取り組む事が出来るよう、子供たちの心の動きを大切に見守りながらのびのびと健やかに育てるために園外保育も積極的に行っています。たくさんの人との出会いや体験、自然とのふれあいを目的に実施している園外保育は、こどもたちの感受性を豊かに育んでいます。1年間で、主にこんな活動があります。

牛舎見学?年中児

ランチタイム

  『食欲は意欲!』食事がしっかりとれる子は全ての活動に意欲的に取り組む事ができます。食べることは気力、体力、全てのパワーの源ですから、まずはご飯をしっかり食べる習慣を身につけることが大切です。
 幼稚園では普段の日はフレッシュランチのおかず給食です。ご飯(白米)だけを持たせていただくようになっています。ご飯(白米)の代わりに、食べやすくおにぎりにして持ってきたり、パンなどにしてもOKです。みんなが同じおかずであることで、栄養に偏りなく食事ができるとともに、嫌いなものも食べてみようと思えるきっかけにもなります。水曜日は「お母さんお弁当」として手作りのお弁当持参になります。

 また、食事そのものの味や栄養にプラスして大切な事は「みんなで食べたい」と思える環境や雰囲気です。そこで交わす日常の何気ない会話が何よりも友達との関わりを深めたり、身近な人やものへの興味や関心につながり行動に意欲を持たせることになるからです。
 とにかく子どもたちの大好きなランチタイムでは、場所も各クラスのお部屋だけでなく、グランドに敷物を敷いて食べたり、玄関前にテーブルを出して食べたり、万世セミナーハウスで草のクッションの上に座って食べたりするなど気分を変えながら楽しく過ごします。どこで食べるにしても、必ずみんなの顔が見えるようにしていただきます。するといろんなお話しが飛び出して楽しくおいしくいただけるのです。

セミナーハウス

セミナーハウス

屋外保育の中心は、万世セミナーハウスでの活動です。1500坪のグランドでサッカーや木登り、ブランコ、草木摘みや虫捕り、草の上での読書など思い思いに時間を過ごします。年少クラスは自然の中でのびのびと、年中クラスは興味のあるものに対して自発的に働きかけ観察眼を養う、そして年長クラスは畑作りをしながら自然の不思議を感じながら、ものを作る楽しさと収穫の喜びをみんなで味わいます。

畑作り

セミナーハウスでの他の活動内容は、春の苗植えから始まる「畑作り」、夏の「カレーパーティー」、秋の「収穫祭」「秋季大運動会」「サッカー米幼カップ」です。収穫したもので「野外クッキング」。

畑作り

 戸外で食べるもぎたての野菜の味は格別です。食材は、子どもたちが畑で育て、収穫した作物ですから子どもたち同士の話題も広がります。

サッカー米幼カップ

生野菜の食べられない子どももほとんどいなくなります。家ではすすんで手伝いをするようになったと喜びの声も聞きます。幼稚園内だけにとどまらず、家庭の食卓でも共通の話題を持つことが子どもにとって新たな感動を呼ぶとともに、より広く深くその後のあそびにも影響を与えていくようです。

セミナーハウス

わいわいステーション

廃材を利用した作品作り

 平成14年1月よりあら町商店街にオープンしましたテーマ館。各クラスごとの毎日の活動や送迎の待ち時間などを利用してあそびます。クラスごとの活動では、英語やリトミックなどをしたり、静かに絵本の読み聞かせをしたりします。

興味分野別のコーナーを作っています

 ワイワイステーションにはたくさんの外国の絵本や玩具(テーブルトイズ)があります。色が鮮やかで楽しい内容のものばかりです。大きめのブロックや乗り物などもあるので、はじめてのお子様でも馴染みやすい空間であるといえます。

興味分野別のコーナーを作っています

 内ズックを履かないので自然と座る活動が多くなり、おうちの中にいるような感覚で落ち着いて遊べます。年齢関係なくみんなが楽しめる、くつろぎの空間です。

サッカーや『虫キング』などの日常的なあそび

 また、お家の方のティーパーティーや『茶道教室』『ヨガ教室』、制服のリサイクルバザー、夏の保護者会、未就園児を対象にした『ベビーマッサージ』『Jumping Kids(ジャンピングキッズ)』、などイベント会場にもこの施設を利用しています。

 

預かり保育